■プロフィール

長野市立博物館

Author:長野市立博物館
長野市立博物館の公式ブログです。
博物館での日々や
イベントのお知らせなど、
様々なことを書いています。
気軽に見に来てくださいね。
博物館HP
も是非見て下さい。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
職場体験中!
おとといから、更北中の3名の生徒さんが職場体験にいらしてます。

ご来館いただいた小学生の女の子とおばあちゃんに、工作体験の説明をしていただいたり、
他にも普段、来館者の方からは見えない地味な作業も楽しそうにやっていただきました。

写真は、裂き織り体験の様子です。

DSCN9528.jpg

今回の体験を将来の仕事選びに活かしていただければ嬉しいです!

スポンサーサイト
未分類 | 11:48:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
9月13日より企画展「生きること・伝えること」はじまります
DSCN9523.jpg

ただいま夏の企画展「おばけ展」が開催中ですが、
その裏では次の企画展「生きること・伝えること~大震災とわたしたち~」開催に向けて
現在準備を進めているところです。

歴史地震に関わる史料をメインに、震災の記憶を伝えてきた人々のあゆみを展示したいと考えています。

写真は、展示図録の編集作業の様子です。

来週からは展示資料の借用が本格的に始まります。
遠くは宮城県からの資料も展示されます。

企画展「生きること・伝えること~大震災とわたしたち~」は
9月13日(土)から10月19日(日)まで開催いたします。

皆様のお越しをお待ちいたしております。

未分類 | 11:38:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
善光寺三尊像を作って持って帰れる?!
今日は、ながはくパートナー「歴史探検グループ」の定例会でした。

20140826-1.jpg
庶民信仰で全国的に知られる善光寺三尊像ですが、
子どもたちにより身近に感じてもらうために、
作って持って帰れる!というプログラムを企画しています。

以前にこのブログでご紹介した
「泥メンコを作る」の時の方法で、
金銅製の善光寺三尊像をシリコンで型取りし、
粘土をつめてそっくり同じものを作ってみました。

20140826-2.jpg
真ん中の黄色っぽいのが本物で、両脇の茶色いのが粘土です。
かなり上手にできているでしょ?

これからプログラム化していく予定ですが、
できれば小学校高学年の歴史の授業にからめて、
社会見学時などに体験してもらえないか考え中です。

ながはくパートナー | 14:29:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ジャック彗星!
巷で話題になっている?ジャック彗星の観測にチャレンジ!
パートナーさんと一緒に見てみました。
博物館自慢の40cm望遠鏡で見て、「なんかもやっとしたのがあるな~」という感じです。
写真で撮ればもう少しわかるかと思い、写真撮影にもチャレンジ!
こんな感じでした。

ジャック彗星20140823mini

40cm反射望遠鏡(焦点距離1600㎜)の直焦点で撮影しました。
撮影日は2014年8月23日(土)夜10時です。
ISO6400で30秒露光したものを4枚コンポジットしています。
目で見るよりは少しわかりやすくなっていると思います。

去年はパンスターズ彗星とアイソン彗星で盛り上がりました。
肉眼で見えるような明るい彗星を望まなければ、彗星はそれなりの頻度で見ることができます。
みなさんもチャンスがあればジャック彗星をご覧ください。



天文 | 18:27:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
あれっ?快晴に!
こんばんは!

8 月の観察会も見事に晴れました!
しかも快晴です!!
6 月の観察会以外は全て晴れです!
すばらしいですね♪

今晩のテーマは「夏の星座とリング星雲」でした。

title.jpg
19:43 薄曇りの中、淡い期待にかけて準備中


夏の星座はたくさん確認することができました。
土星や火星も望遠鏡で見ることができましたね。

リング星雲はモヤモヤしたものが見えるだけなので、
今一つ感動が伝わらないようです。

title.jpg
博物館も公園の街灯に照らされて色付いています


実は今回の観察会、始まる前にたくさんの問い合わせの電話をいただいていました。
スタッフも
「今日はこのままだと晴れないだろうなぁー」
と思っていたので、
「このままだと今日はプラネタリウムだけになると思います」
と伝えていました。
晴れてよかったのですが、なかなか複雑な気分です。

天候は本当に難しいですね。

by Saitoh
写真提供 天文グループ Tokutake

天文 | 23:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ながはくパートナー たわら編み準備
昨日はながはくパートナー「むかし体けんグループ」の定例会でした。

20140819-1.jpg

「むかし体けんグループ」は、主に小学校第3・4学年の社会見学時に、
ガイドをしたり、体験をサポートしたりするグループです。

小学校第3・4学年は、
秋~冬に「昔のくらしと古い道具」の勉強をするので、
それに合わせて、博物館に展示されている古民家や民具を見学します。

ただ見学するだけだとつまらないので、
ながはくパートナーさんたちが、
古民家では子どもたちと対話しながらガイドしたり、
古い道具のコーナーでは、
クイズを出しながら(子どもたちはクイズが大好きですね!)楽しく見学したり、
さらには、昔のくらしのもの作り体験や、
古い道具を使う体験をしてもらったり、
とにかく、「楽しくなければ学びはない!」を念頭に、
博物館での時間をいかに記憶に残るものにしてもらえるか、
さまざまに工夫しています。

昨日は、秋以降の社会見学に備えて、
むかし体けんグループのメンバーが集まり、
たわら編み体験用の「マコモ」をカットしました。

20140819-2.jpg
昨年収穫して乾燥させておいたマコモを、
コースターの長さにカットしていきます。

暑い中子どもたちの喜ぶ顔を思い浮かべながらがんばりました!


ながはくパートナー | 10:41:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
第5回 ほんものゼミナール
本日のゼミは、細井学芸員による
「県内の近代の瓦生産について~瓦職人の活動を中心に~」です。

近代の瓦屋の状況や瓦の製造方法、職人の生活など、
瓦にまつわるさまざまなお話でした!

DSCN6567.jpg
実物の瓦や道具を手に取って、職人技に感嘆しきりです。

DSCN6573.jpg
大黒さん。

DSCN6574.jpg
瓦の型。

収蔵品の道具の用途などを調べるためにはそれを使っていた職人の調査も必要とのことで、
なかなか知る機会のない近代の職人事情についてもお話がありました。

町中でも、見事な鬼瓦が目に留まることがありますが、
当時の文化や造りかたを知ると、また見る目が変わりそうです。


次回のほんものゼミナールは 「 埋蔵文化財の保護について~「日本発掘」展より~ 」
申し込み不要です。どうぞご参加ください!








講座・講演 | 16:02:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
ようかいうちわを作ろう
今日の「子ども☆体験のひろば」は
「ようかいうちわを作ろう」でした。

20140816-1.jpg
表面と裏面に違う絵を貼って、
くるくる回すと、その違う場面が1つの絵に合体して見えるという、
いわゆる「うちわアニメ」という方法です。

絵は現在開催中の「おばけ展」に展示している資料に関係したものを、
ながはくパートナーのみなさんで塗り絵できるように描き起こしたものです。
絵は5種類用意して、好きなものを選んでもらいました。

塗り絵して、切って、白いうちわに貼る、という簡単な作業でしたが、
こどもたちにかかると、とっても個性的な絵に変身です。

上の写真の子は、夜という場面設定にして、おぼろ月を余白に描きこんでくれました。

20140816-2.jpg
斬新な色使いのおばけ。
とってもかっこよくできたね!

20140816-3.jpg
いとこ同士3人ですが、同じ絵を選んだよ。
仲良く、「できたよ~」のポーズ。
左端の子は、最年少参加者で、なんと1歳半での参加でした。
(もちろんママに手伝ってもらって完成させました。)

20140816-4.jpg
余白をピンクで塗ったよ!
とってもかわいいおばけになったね。

同じ塗り絵をしても、子どもによって個性が出るのがおもしろいな~と改めて思いました。

明日の子ども☆体験のひろばは、
「ようかいあぶりだし」です。
またのご参加をお待ちしています。

ながはくパートナー | 16:44:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
教員のための博物館の日
遅くなりましたが、8月6日(水)に開催した、
「教員のための博物館の日」のご報告をいたします。

「博物館って楽しい」「博物館には授業で使える学習資源がある」
ということを、先生たちに知ってもらうためのイベントでした。

当日は、普段小学校の団体見学用に行っているガイドや体験を先生たちにも体験してもらったり、
常設展示のスペシャルツアーを行いました。
もちろんガイドはながはくパートナーのみなさんです。

20140815.jpg
石臼体験。
お子さんを連れて参加してくださった先生もいらっしゃいました。

分館である戸隠地質化石博物館や、信州新町化石博物館も、
「骨にさわってみよう」「小さな化石を探してみよう」というブースを出して、
お祭りのようににぎやかに行いました。

当日は、通常開館日だったので、
一般来館者にも体験やブースを楽しんでもらいました。

博物館は過去のモノをただ展示しているだけでなくて、
今、そして未来のくらしを作っていくこどもたちにとって、
楽しい学びを提供する場であり、学習資源があることが、
少しでもお伝えできていればうれしいです。

ながはくパートナー | 11:20:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
おさかな登場!
お盆期間に突入し、博物館は大盛況です。
今年は特に多くのお子さんに来ていただいています。
そんな博物館に、たくさんのおさかなが登場しました。

DSCN6427.jpg
ミニミニ水族館の前に・・・

DSCN6425.jpg
休憩室の天井に!

このおさかなは、「博物館がさみしくならないように」と、博物館をよくご利用いただいている方からいただいたものです。
DSCN6428.jpg

おばけとおさかなで、博物館が涼しげに、楽しくなりました!

お盆もあと2日です。
涼しげになった博物館に、ぜひご来館ください。

未分類 | 17:52:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。