■プロフィール

長野市立博物館

Author:長野市立博物館
長野市立博物館の公式ブログです。
博物館での日々や
イベントのお知らせなど、
様々なことを書いています。
気軽に見に来てくださいね。
博物館HP
も是非見て下さい。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
長野の地質を見てみよう!
9・10・11月に地質見学バスツアーが行われました。
これは長野市内の様々な場所に出かけて地層を見学し、大地の生い立ちを楽しく学ぼうという企画です。

9月は信州新町方面に行きました。

カキ
白くうねっているものは全てカキ(二枚貝)の化石です。大むかし(約400万年前)このあたりが干潟で、カキがたくさんいた事が分かります。

クジラ
シンシュウセミクジラ化石の発掘地。この化石はセミクジラの仲間(セミクジラ属)では世界最古のものだそうで、この仲間の進化を考える上でも貴重です。

巣穴
ゴカイの巣穴化石がたくさん見られる地層です。水の流れで巣が壊されたり、砂で埋まっても生き抜こうとするゴカイの姿が感じられました。


10月は鬼無里の奥裾花地域に行きました。

砂岩層
このあたりは地層(主に砂岩層)が広く露出しています。

海底
約300万年前の海底面をとどめた地層です。ここまで広くかつきれいに海底面が見られる場所も珍しいです。この地層は嵐が来たときに出来たもののようです。

見かけ褶曲
この地層は曲がっているように見えますが、実際には傾いているだけの(曲がっていない)地層です。地層は傾きと断面のとり方で曲がって見える事があります。


11月は茶臼山に行きました。
空谷
空谷(からたに)です。50~100万年前このあたりが平野だった頃に流れていた川の跡です。その後大地が持ち上がり山になったので川は流れを変え、今ではその跡だけが谷として残っています。

地すべり
1965年ごろまで続いた地すべりの跡(すべり出しの部分)です。この下には泥層があり水がしみこみにくく溜まっため、上の部分がすべったと考えられています。

亜炭層
茶臼山をつくる地層です。ここからは質の悪い石炭である亜炭(戦時中・後には燃料として使われた)や約600万年前の植物化石がみつかります。

この他にもいろいろな地層や化石、岩石を観察しました。
学芸員の解説付きなのでとても楽しいです。普段気にしない石ころや崖などを見る目も変わってきますよ!

今年度の地層見学バスツアーはこれでおしまいです。来年度もある(と思いますので)興味のある方は是非ご参加ください。


スポンサーサイト
未分類 | 17:15:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
小さい秋みつけた♪
秋…といいますか、もう冬の足音が聞こえる今日この頃ですが、博物館の周りで見つけた「秋」を紹介します。

秋1

様々なドングリ(クヌギ、コナラ)、マツボックリ(クロマツ、ヨーロッパトウヒ)、ヒシの実など。秋には色々な形の実があります。

秋2

博物館前の池にあるコガマです。
ガマの仲間はショックを与えると綿付きの種を飛ばすらしく、右は種を飛ばした後の姿です。

自力では移動出来ない植物は、水の流れを使ったり、風で飛ばしたり、動物にくっついたりと様々な方法で実や種をばらまき、分布を広げます。

長野市立博物館分館 戸隠地質化石博物館では、12月2日まで「実と種」展をやっています。
本格的な冬が始まる前に、小さな実や種に隠された不思議な世界を覗いてみてください!

未分類 | 17:17:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
秋の思い出~はくぶつかんまつり~
11月も半ば、そろそろ冬の足音が聞こえてきそうな季節です。

大変大変遅くなりましたが、
9月23日(日)に開催された「はくぶつかんまつり」を振り返ります。
いまごろ~・・・。(^_^;)

忘れてしまった方も多いかと思いますが、初秋の一日を思い出してください。

当日は、雨模様の悪天候にもかかわらず、
なんと3000人近くの入館者で大賑わい。

はくぶつかんまつり 館外から
(撮影 北沢真氏)

写真で当日を振り返ってみましょう。

博物館まつり2012特別展示室内(シャトル村松さん撮影)small
(撮影:村田敏明氏)
この日は、特別展「よみがえれ!恐竜たち~大むかしの生命(いのち)をさぐる~」の
最終日にも当たっていました。
この夏の思い出は、なんといってもこのティラノサウルス君でしたね。

ほかも大賑わい。
館内2階では・・・。
会議室風景IMG_6266
腕自慢の写真が並びます。
写撮<br />写真展IMG_6258

これ、なんて読むの??古文書に挑戦!
古文書解読2
くずし字を読んでみようIMG_6264

ビデオ作りを楽しむ会のみなさん
ビデオ作りを楽しむ会2

1階子ども☆体験のひろばでは、ボランティアさんたちも大忙し。
木工教室2

いいおみやげができました。
よしず作り体験IMG_6288
さきおり

何本もの腕の下には・・・。
石臼体験2IMG_6317
石臼!
石臼体験3


ロビーでは風流な音色が響きました。
三味線2P1000459

常設展2階民家内では、鬼も登場!
パネルシアター4  囲炉裏の近くで、昔話もムード満点!

玄関前には、とっかんに長い長い行列!
とっかん3
とっかんIMG_6308

一番人気は、やっぱりザリガニ!
ザリガニ釣り2
しおりもきれいにできました!
葉脈しおりつくり

他にも今年はいろいろイベントもりだくさんでした。
射的IMG_6310
恐竜に羽毛をつけよう!DSCN7839
マーブルロケット2DSCN7835
コマをつくろうIMG_6338
バブロケット3DSCN7832
青空観望会1

混雑で当日の記録写真も撮影できない状況でしたが、
友の会の同好会、写真クラブ「写撮」(しゃとる)の皆さんの
ご協力により、当日の館内外の様子が少しわかるようになってきました。
特に写撮の北沢真さん、村田敏明さん、きらきらの中村氏から写真をお借りいたしました。
ありがとうございました。

写真を集められなかったイベントも多くありました。
全部をご紹介できずに申し訳ありません。

おまつり風景1IMG_6355

混んでいたために、思うように見学や体験ができず、
残念だった方も多くいらしたと思います。
申し訳ありませんでした!
個別の体験プログラムは、
毎週土曜日の子ども☆体験のひろばなどで
開催していますので、ぜひまたおいでください。
今度はゆっくり体験していただけると思います。

おいでいただいたみなさん、ボランティア、友の会、スタッフのみなさん!
本当にお疲れ様でした!

ざっくりとしたレポートですみません!
2ヶ月近くも前の遠い秋の一日でした。

もう冬がはじまっちゃうよ~。

\(^o^)/



スタッフのつぶやき | 19:01:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
講演会 変貌する信州の里山
11月11日に講演会「変貌する信州の里山」が行われました。

これは現在開催中の企画展「西山地域の文化」の記念講演として信州大学の中堀謙二先生を講師にお迎えし、近世から近代・現代と時代の移り変わりの中で、人の生活と里山の土地利用の変化に焦点をあてたお話をしていただきました。

里山講演

江戸時代までは身近な里山から薪などのエネルギーをすべて賄っていたので、飯綱山の南麓では標高1400m地点まで人が入って木や草を刈って利用していましたし、長野県全体に手入れされた林や採草地が広がっていたそうです。

近代に入ると肥料や燃料を身近な里山からではなく、広く国外からも求めるようになり、それまでの採草地は植林されました。

現代は薪炭林も衰退し、手入れがされていない森林が増大しているとのことです。増える人口やエネルギー需要を賄うために、国外の資源を意識しないで利用していること、海外の再生が難しい森を奪って日本向けの食料が生産されていることなど、私たちの足元から地球環境へ目をむける大切さをご教授いただきました。特に現在の長野県は植林された針葉樹が大きく育っている森林県ですが、その森林を資源として活かす方法を模索しなければならない大切な時期であることを教えていただきました。

中堀先生、お忙しい中ご講演頂き有難うございました。
今後もご教授いただくこともあるかと思いますが、その時はまたよろしくお願い申し上げます。

未分類 | 16:58:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
もうひとつのゼミナール 戸隠学のススメ
今日の「もうひとつのゼミナール」は、田辺館長補佐がお話して下さいました。
タイトルは「戸隠学のススメ」です。

ゼミ1

ゼミ2
戸隠からはホタテガイやダイカイギュウなどの海の生き物の化石がみつかります。
このことから戸隠はかつて海であり、その後大地が持ち上がって現在のような山になった事が分かります。

ゼミ3
大地の生い立ちだけでなく、歴史を通じて人と自然との関わりをお話して下さいました。

ゼミ4
最後に、地域を理解する大切さを話されていました。

地域とより良く付き合うためには、その地域の生い立ちを知ることが大切です。
「過去と現在はつながっており、そこから未来を考える」という言葉が印象的でした。


今年度の「もうひとつのゼミナール」はこれで終わりとなります。

なお、各分野の学芸員・専門員が収蔵物の中からこだわりの逸品を選んで紹介する
「ほんものゼミナール」は続きますので、ご期待下さい。

未分類 | 16:58:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
紅葉狩り
博物館周りの紅葉がとてもきれいです!

紅葉1

紅葉3
ソメイヨシノ

紅葉4
トウカエデ

紅葉5
イチョウ

盛りは過ぎたかもしれませんが、まだまだ見れます(と、個人的には思ってます…)。
赤、オレンジ、黄色のグラデーションがきれいですよ~。

秋の博物館にも、ぜひ遊びに来てください!

未分類 | 09:57:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
ガラクタは宝の山!
11月3日(文化の日)の「子ども☆体験のひろば」は「あそびの天才-ガラクタは宝の山」でした。
この講座はとても人気が高く、今回もたくさんの方々が参加してくださいました。

あそびの天才1

あそびの天才4
集まったガラクタを使って、みんなで工作を楽しみます。

あそびの天才2
何をつくっているのかな?

あそびの天才3
お菓子の空き箱がかわいい靴になりました~。素晴らしいアイデアです!

今回もアイデアいっぱいの楽しい作品ができました。みんな良くできたね!


次回(11/10)の子ども☆体験のひろばは「化石消しゴムをつくろう」です。

スタッフのつぶやき | 10:27:05 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。