■プロフィール

長野市立博物館

Author:長野市立博物館
長野市立博物館の公式ブログです。
博物館での日々や
イベントのお知らせなど、
様々なことを書いています。
気軽に見に来てくださいね。
博物館HP
も是非見て下さい。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
縄ない競争
今日の「子ども☆体験のひろば」は、「縄ない競争」でした。

DSCN6073.jpg


縄がない競争ってどんな競争・・・?
ではなく、もちろん「縄をなう」体験です。
豪雨&すごい雪の中、予想以上にたくさんの参加者が来てくれました。

DSCN6062.jpg


みなさんワラそのものもさわったことがないということで、
はじめはとまどっていましたが、
一度コツをつかむと、はまってしまって、
黙々と作業していました。
中にはつぎ足しながらどんどん長い縄を作る人もいました。


↓埼玉からこのためにわざわざ来てくれました!
DSCN6069.jpg


↓5歳でも上手にできたよ!
DSCN6060.jpg

「なう」という作業は、さいた布などでも使える技術です。
自分で丈夫な縄がつくれるなんて、ちょっとステキですよね。

※来週(4/7・土)の「子ども☆体験のひろば」は、
「火のしでアイロンがけをしてみよう」です。
めったにできない経験ですので、ぜひご参加くださいね!

スポンサーサイト
未分類 | 17:25:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
続々あの星なぁに?
20120327MVJ2cut.jpg

昨日は天気が良かったので、
博物館の前で写真を撮ってみました。
それが上の写真です。

上の方で明るく輝いているのがお月さま。
その斜め下には金星、そして木星が続きます。
とても近づいていた金星と木星も次第に離れ離れになっていきます。
日に日に惑星たちが動いていく様子がわかるので、
ぜひ夕暮れ過ぎの西の空を見上げてみてください。

あと、こうやって見ると博物館もかっこよく見えませんか?
自分で撮ったから愛着があるだけかもしれませんが…。

スタッフのつぶやき | 18:56:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
ボランティア研修旅行@岡谷・茅野
今日はボランティア研修のバス旅行にいってきました。

午前中は岡谷蚕糸博物館です。

DSCN5976.jpg

今日はイベントがあったらしく、
スタッフの方が、蚕糸業が盛んだった頃の女工さんのいでたちで、
デモンストレーションをしていました。
体験者用にも、ほっかむりのてぬぐいと、かっぽうぎまで用意されていました。
コスプレは一気に雰囲気出ますね!

そこで我々も順番に実際の機械を使って糸とり体験をさせていただきました。
見ているのと実際にやってみるのとでは全然違います。
まず繭からとりだした1本の糸が目に見えないほど細い!
それを指の感覚などで継ぎ足していくのですが、
本当に難しいです。

貴重な体験をさせていただいて、ありがとうございました。
当館でも蚕糸業の常設展示があるので、
今後何らかの形で参考にさせていただきたいと思います。

午後は茅野市美術館です。

茅野駅のすぐ裏にあり、駅のコンコースと直結していて、
雨にぬれずに美術館に入れるという素晴らしいロケーションです。

美術館では、市民ボランティアの方々による
作品の対話型観賞を体験させていただきました。

DSCN6028.jpg

観賞者主体で、楽しく美術作品を観賞していく方法として、
対話型観賞はとても有効な手法です。

観賞者の感覚や積極性を引き出すために、
楽しい雰囲気を作りながら、
多様な意見をさらにどんどんとふくらませるのは、
ただ単に展示ガイドをするよりもずっと難しいことです。

でも、市民ボランティアさんたちの、
「まず自分たちが楽しんでいる」という感じに引きずられるようにして、
どんどん観賞が深まっていき、1時間があっというまでした。
もっともっと展示室の中で楽しみたいという気持ちになりました。

最後はお手製のお菓子をいただきながら、
ボランティア同士の交流会の場も用意していただきました。
本当にお世話になりました。

今後は、対話型観賞の手法を取り入れながら、
歴史の常設展示をいかに楽しく見学してもらうか、
じっくりと検討したいと思います。



スタッフのつぶやき | 18:16:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
川村驥山展 あさってまで
DSCF6208-2.jpg

長野市篠ノ井に縁のある書道家、川村驥山(かわむらきざん)の作品を紹介する
「信州しののい 川村驥山展」が現在開催中です。

驥山展は入場無料となっています。
ぜひ、本館の方へも足を運んでください。
本館はあさっては「子どもウェルカムデー」で入館無料です。

未分類 | 14:08:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
ヤショウマつくりにちょうせん!
ヤショウマ


今日の「子ども☆体験のひろば」は、
「ヤショウマつくりにちょうせん!」でした。

雨の中、たくさんの子どもたちが参加してくれました。
みんなヤショウマを作るのは初めて。
蒸したアツアツの米粉を、
丸めたり、のばしたり、色をつけたりしながら、
自分が作りたい模様を作ります。

ヤショウマは、いわば、
金太郎飴や、巻きずしのように、
どこを切っても同じ模様が出るように丸い棒状に形を整えていくので、
なかなか思い通りにはいきませんが、
だからこそ、
棒状にしたヤショウマの中ほどを切って、模様が出てきたときには、
けっこう感動デス。

みんなの笑顔が、「楽しかったよ~」と言ってくれています。


↓岐阜からあそびにきてくれました。
DSCN5938.jpg

↓エプロン持参で来てくれました。
DSCN5941.jpg

↓近所の小学校に行っている仲良しさんたち。
 左端はメロン(青リンゴになっちゃったそうです)、あとの3人はハート。
 右端はハート風のネコちゃん。
DSCN5944.jpg

↓仙台から、1年間長野市の知り合いのお宅にやってきた女の子とそのお宅の女の子。
 2人は昔からの友だちみたいでした。
 もうすぐ仙台に帰るのだそうで、
 今日の体験で、長野市のいい思い出をまた一つ作ってもらえたとしたら、
 本当にうれしいです。
DSCN5967.jpg


※来週の「子ども☆体験のひろば」は、
お待ちかね「“さきおり”でコースターをつくろう」です。


スタッフのつぶやき | 17:23:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
ボランティア日より
DSCN5615.jpg

今日はあたたかな一日でしたね。

朝からボランティアさんが集まって、子ども☆体験のひろばの準備です。

午前中は、明日のプログラム
「ヤショウマつくりにちょうせん!」
の準備と試作会です。

春っぽい絵柄で、ということで、
イチゴのもようをしたヤショウマを試作してみました。

食紅で色をつけたイチゴの本体に、白ゴマを混ぜてイチゴのつぶつぶを表現します。
できあがりは、
イチゴ風の赤カブ、イチゴ風のニンジン・・・
明日の本番、子どもたちがどんなイチゴを作ってくれるのか楽しみです!

DSCN5626.jpg


午後からは、31日(土)のプログラム
「縄ない競争!」
の準備です。

近くの農家の方から、昨秋ワラをもらいました。
はじめはワラで何か作りたいなと思っていましたが、
今の子どもたちは縄を「なう」ことも知らないんじゃないだろうか、
という話になって、
じゃあ基本的な縄をなうという作業を体験してもらって、
なった縄の長さを競争してあそぼう!
というプログラムです。

ワラで縄をなうためには、
まずワラのよぶんな皮をすげて、
たたいてやわらかくします。

DSCN5624.jpg

ぽかぽかあったかなお日様の下で、
ワラの下処理です。
結局4時間も単純作業をして、くたくたになりましたが、
昔のくらしに思いをはせるひとときになりました。

きれいになったワラを保存しておくために、
ボランティアさんに「はざかけ」を手作りしてもらいました。
季節は違いますが、なんか風情がありますね。

DSCN5633.jpg

明日の子ども☆体験のひろばは、
午後1~3時の間に来ていただければ、
いつでもヤショウマ作りが体験できます。
だいたい30分くらいでできあがります。
毎週土よう日は小中学生が入館無料(体験も無料)なので、
ぜひあそびに来てくださいね!

スタッフのつぶやき | 17:01:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
続・あの星なぁに?
右が金星、左が木星


夕方過ぎ、西の空にはとても明るい2つの星が輝いています。
明るいほうが金星で、もう片方が木星です。


前にもこの金星と木星はご紹介しましたが、その時と2つの星の位置が変わっています!!
2月29日の金星と木星の位置をちょっと見てみてください。⇒ 2/29「あの星なぁに?」


実は惑星は星空の中をどんどん動いていきます。
そしてとても面白いのが、惑星はお誕生日の星座の中を動いていくんです!!
お誕生日の星座は夜空で一列に並んでおり、惑星はお誕生日の星座の中をゆっくり旅しているんです。
今、金星と木星はおひつじ座にいます。
金星はとても動きが早く、4月にはお隣のおうし座に移動します。
もし自分の星座に惑星がいるとうれしくなりますね。ちょっと強くなった気分がします。


金星と木星は3月14日ごろ一番近づいて、やがてどんどん離れていきます。
夕方過ぎ西の空、仲良く並んだ金星と木星をぜひ見つけてあげてください!(>v<)/



スタッフのつぶやき | 20:34:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
ボランティア研修旅行
長野市立博物館では「市民とともにつくる博物館」を目指して、
ボランティア活動を推進しています。
現在20代~80代まで約40名の方が登録されています。

小学校団体の見学対応や、
「子ども☆体験のひろば」の実施など、
はばひろく活躍してもらっています。

毎月第2土曜日は、ボランティアの定例会合を行っていて、
勉強会をしたり、さまざまな打ち合わせをしています。
(博物館の都合で、4月の定例会合は第2日曜日に変更しています。)

昨日は3月の定例会合日でしたが、
バスで研修旅行に行ってきました。

午前中は、長和町にある「黒曜石体験ミュージアム」です。
長野市からはずっと南に移動したのに、長和町はすごい雪!
ミュージアムはスキー場のそばにあるので、
ミュージアムも雪に包まれていました。

まずは学芸員の方から展示のご説明をいただきました。
黒曜石や展示に対する熱意がびしびし伝わってくるご案内で、
日頃来館者対応の最前線に立っているボランティアさんたちにとって、
とってもいい刺激になったようです。
P1030757.jpg

次に、「縄文織り」の体験をしました。
博物館でも同じ編み方で「たわら編み体験」というのをやっていますが、
いくつか取り入れたい工夫があり、大収穫でした。
P1030797.jpg

お昼は長和町名物の「だったんそば」を食べ、
午後は上田市の「信濃国分寺資料館」を見学しました。
ここでは館長さんにご案内してもらいました。
信濃国分寺の瓦は東大寺や奈良の西隆寺(廃寺)などの瓦と共通しているなど、
具体的で分かりやすいご説明にみんなで熱心に聞き入りました。
P1030830.jpg

見学後は「どんぐりドーナツ」をごちそうになり、
大満足の研修旅行となりました。

博物館ではボランティアさんを随時募集しています。
自分たちが楽しく学んで、それを子どもたちや来館者にフィードバックしていく
楽しくやりがいのある活動です。
ぜひ一度ご見学ください。

※ボランティアさんの募集要項は下をクリックしてください。
ボランティア募集要項

スタッフのつぶやき | 09:44:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
「若穂清水寺の至宝」特別公開展 あと2日で終了です
2月4日から1ヶ月にわたって開催してきました
「若穂清水寺の至宝」特別公開展ですが、
いよいよ今週の土・日の2日を残すのみとなりました。

展示室には、
実物からしか感じることのできない厳粛な雰囲気がただよっています。
重要文化財の「両界曼荼羅図」と「鉄鍬形」。
今後公開する予定はしばらくないそうです。
ご覧になっていない方はこの機会にぜひ足をお運びください。

特別公開会場の様子
DSCN5600.jpg


さて、公開最終日の3月11日(日)13:30~
「曼荼羅解説会」第3回目を行います。
会場は博物館の会議室です。
入館料のみでご参加いただけます。
解説を聞いて本物を観ると、ぐっと曼荼羅の世界に近づけると思います。
ご参加お待ちしています!

曼荼羅解説会 第2回目の様子。
みなさん熱心に聴講していただいています(感謝)。
DSCN5514.jpg


スタッフのつぶやき | 16:33:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
博物館前の池で
今日は気温が16℃まで上がる温かい1日となりました。
昼休みに博物館前の池の周りをあるいていると...

DSC_8004.jpg

石の上になにかいる!





DSC_8008.jpg

カメだ!
なぜか右の前足を上げて引っ込めています。
石が冷たいせいでしょうか?


DSC_8012.jpg

横にまわってみると、右の後ろ足もあげています。
出っ張った石の上で、石に触れているのはおなかと左前足のつめ先だけ。
これでよく池に落っこちないものです。
見かけによらず、けっこうバランス感覚はいいみたいですね。


ちなみにこのカメは、「ミシシッピアカミミガメ」という外来生物です。
聞きなれない名前かもしれませんが、夜店やペットショップで良く売られている、あの「ミドリガメ」のことです。
ペットとして売られているものは小さいですが、大きくなると20cm以上になり気性も荒くなるので、飼いきれずに捨てられることが少なくないそうです。
また、繁殖力が旺盛でしかも寒さや水の汚染にも強いので、クサガメやイシガメといった日本在来カメたちを駆逐しながら全国的に数を増やしている、とても困った存在なのです。

「もう飼えないけど殺すのはかわいそう」と思って捨ててしまうのでしょうが、外来生物を捨てることは本来の自然を乱す、望ましくない行為なのです。

ペットを飼うなら最後まで(死ぬまで)責任を持つ、ペットを飼う上での基本的なルールです。
カメにかぎらず、ペットの廃棄は絶対にやめましょうね。





未分類 | 18:45:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。