■プロフィール

Author:長野市立博物館
長野市立博物館の公式ブログです。
博物館での日々や
イベントのお知らせなど、
様々なことを書いています。
気軽に見に来てくださいね。
博物館HP
も是非見て下さい。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
【お知らせ】ブログ引っ越しました!
いつも長野市立博物館のブログをご覧いただきましてありがとうございます!

信州のポータルサイト「ナガブロ」にブログをお引越しいたします。

▷ 長野市立博物館ブログ

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

スポンサーサイト
スタッフのつぶやき | 11:19:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
はくぶつかんでお抹茶デビュー
今日の子ども☆体験のひろばは、
「はくぶつかんでお抹茶デビュー」でした。

20151107-1.jpg
子ども体験のひろばの入り口に、こんなにすてきなお花を飾っていただきました。
白い花は、「嵯峨菊」という細い花びらの繊細な菊です。

20151107-2.jpg
入ってすぐの待合いにも、すてきなしつらえが。
壁に飾ってあるのは、「小判草」です。

20151107-3.jpg
お茶の先生(ながはくパートナーさん)がやさしく、わかりやすく教えてくれました。
お茶のいただき方だけでなく、歩き方、おじぎの仕方。
日常でこんなに改まってぴしっとおじぎすることなんてなかなかないでしょうから、
それだけでも、いい経験になったのではないでしょうか。
少しの時間でもきちんとすると、不思議と心が清々しくなります。

20151107-4.jpg
今日は自分でお茶筅を振って、お抹茶をたてる体験でした。
自分で点てたお茶はおいしかったかな?
お抹茶席というと敷居が高そうですが、
博物館なら気軽にご参加いただけると思い、年に数度お抹茶体験をしています。
生活の中で一番気軽なお茶でもてなすという文化を、
子どもたち、また大人の方にもぜひ体験していただきたいと思います。

ながはくパートナー | 14:44:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
木のコマをつくろう
今日の子ども☆体験のひろばは、
「木のコマをつくろう」でした。

20151103-1.jpg
今日は文化の日で入館無料だったこともあってか、
久しぶりの大盛況。

20151103-2.jpg
コマに絵を塗ってから、芯を打ち込みます。
2才でカナヅチデビュー。僕もできるよ~

20151103-3.jpg
回すと紫っぽいピンクのような色ですが、
さて、どんな絵が描いてあるでしょうか?

20151103-4.jpg
実は、マーガレットのような、きれいなお花の絵でした。
とてもきれいに塗ってあるので、このまま飾ってもすてきですね。
彼女は最近小学校の社会見学で来館してくれて、
また遊びにきてくれたそうです。
リピーターになってくれてうれしい!
また遊びに来てくださいね。

ながはくパートナー | 16:11:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
楽しいどんぐり工作&木製プランターカバー組み立て体験
先週土曜日(10月31日)の子ども☆体験のひろばは、
「楽しいどんぐり工作」でした。
今年も博物館の前の公園でたくさんどんぐりを拾ってきました。

20151031-1.jpg
やじろべえ。
台が時計の文字盤になっています。
やじろべえの手をそっと押すとくるくる回るので、まるで時計のようです。

20151031-2.jpg
なんとやじろべえの上にやじろべえ、そのまた上にやじろべえ!
すごいバランスですね!

20151031-3.jpg
どんぐりと木を組み合わせて、こんなにたくさん作品ができました。
楽しんでもらえてうれしいです。

20151031-4.jpg
この日は、おまけで木製プランターカバーの組み立て体験もできました。
このプランターカバーは、来年長野県で開催予定の全国植樹祭の式典会場を飾るもので、
県内で木工体験を実施している団体が協力して2000個を準備するものです。
博物館でも参加してみました。

長さのそろった木を順番にくぎでとめていくだけの体験なのですが、
予想に反して、みなさん楽しんでいただけました。
「くぎを打つ」という単純な作業ですが、力かげんや、まっすぐ打つコツなど、
工夫しながら作業すると思った以上にやりがいがあります。
そうしてプランターカバーができあがると、素直にうれしいですよね。

これまで博物館の木工工作では、
参加者が割と小さな子どもたちが多いので、
のこぎりなどの道具を使った工作はしてこなかったのですが、
まずはくぎを打つだけなら、子どもたちにも十分できるということが分かりました。

実は今回のプランターカバーの製作体験は、
参加団体がまだ足りないということを聞いて、
少しでも手助けするつもりで参加したのですが、
体験している参加者の様子を見ていて、今後の活動のヒントをもらえたような気がしました。
参加できてよかったです。感謝です。

ながはくパートナー | 10:15:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
羊とアルパカの原毛から作る フェルトコースター
本日の手仕事のじかんは「羊とアルパカの原毛から作る フェルトコースター」
茶臼山動物園のひつじのポポロンちゃん(コリデール種)、チャチャちゃん(マンクス・ロフタン種)、アルパカのパールくんに分けてもらった原毛を使って、フェルトを作りからはじめます。

まずは「弓うち」
何度も洗って下準備をした原毛ですが、ちょっと固まってしまっているので、弓を使って毛をはじいて空気を入れます。
何度もはじくと、ふわふわになってきました~。
一緒にゴミも飛ばしてしまうので、どんどんきれいになっていきます!
DSC_2148s.jpg

毛の流れを整えて成形したら、石鹸水に浸してやさしくこすります。
このあたりから、毛が絡まり合って「毛のかたまり」から「フェルト」に変わっていきます。
DSC_2170s.jpg

ひたすらゆっくりこすっていくと、気がつけば「布」に!
フェルトの出来上がりです♪

こちらは下地にコリデール種の白い毛、模様付けには別にご用意したカラフルな羊毛を使ったもの。
とってもかわいらしいですね!
DSC_2168s.jpg

マンクスロフタンの茶色い毛とコリデールの白い毛を使って、どっしりと仕上げたコースター。
鍋敷きの趣です!なんでも置けちゃいますね。
12196064_1078346165509477_6254574383940020327_n.jpg

これで冬を迎える準備も万端!
暖かいお部屋でつかってくださいね。

次回の手仕事のじかんは、「手作りスピンドルで綿の糸紡ぎ」
糸を紡ぐ道具「スピンドル」を厚紙と竹の棒で作って、糸を紡いでみます。
博物館の収蔵品の糸車もお目見え!体験もできちゃいますよ。

どうぞお楽しみに!


 

手仕事のじかん | 18:14:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。